長崎海産株式会社

食は長崎にあり。

基本情報
名称長崎海産株式会社
郵便番号856-0844
住所長崎県大村市溝陸町796-3
Tel0957-53-0180
Fax0957-53-0280
ホームページhttp://www.e-niboshi.com
E-mailinfo@e-niboshi.com

 

ご挨拶

三宅海産物店(諫早市)及び長崎海産㈱(大村市)グループは、事業の効率化などを図り2019年6月1日を以って体制を変更致しました。
仕入部門を担当していた㈱三宅海産物店が製造・販売部門を担当していた長崎海産㈱を吸収合併し、長崎海産㈱に商号変更も変更します。
新体制となり、今後も『金の飛魚だし』シリーズを始めとした自社製品の製造などを通じ、社業の成長とともに長崎食文化の一層の発展に貢献する所存ですので、今後ともご支援・ご愛顧賜りますようお願い致します。

代表取締役社長 三宅 ちはる

元気においしい!海からの贈り物。

本場「長崎県産」だから新鮮さが、そのまま届きます。

全国指折りの水産県・長崎。中でも煮干はナンバーワン!港に水揚げされたばかりのピチピチの魚を材料に、本場自慢の技術で安心加工。
もちろん合成酸化防止剤なども一切使わずに、素材の良さをまるごと生かしたおいしさで健康家族を応援します。

全身これ栄養!どこから食べてもカルシウム&タンパク質
煮干は他の食品と比べても非常に栄養価が高く、とりわけカルシウムとタンパク質の量は、下表のとおり群を抜いています。
古来より、煮干は「古事記」に登場するほど日本人の暮らしに広く愛されてきました。
そして今、煮干はそのまま食べる食品として利用されるようになりました。その代表例として、学校給食にも「おやついりこ」が利用されるなど、煮干は貴重な栄養源として熱い関心を呼んでいます。

普及活動がわが社の指名。

長崎海産株式会社のミッションとは。
長崎の伝統・風土が長い歳月を懸け、また、その地に住む人々の叡知で創りあげた食の逸品を、遠くのまだ見ぬ・まだ知らぬ人々へ情報発信しお届けすることが、我が社の指名であると考えます。

一歩先ゆく付加価値を全国に、届けたい。

長崎県は「食の宝庫なり」を合言葉に、永年、水産、海産物を全国の皆様に愛されながら、お届けしてきました。しかし、時代は変わり、当然のごとく「人の趣向」も時代と共に変化していきます。したがって、当社もただ単に「海にあるもの」や「山にあるもの」を販売するだけでなく、お客様のニーズの一歩先を考え、長崎の素晴らしい天産品に工夫を凝らした付加価値を加えて、お客様に満足して頂ける商品の開発に努めていく所存です。

動画
アクセス